ばれないでやりすぎない涙袋メイクの方法

hst_01

ふっくらとした涙袋があると、顔全体の表情の印象が優しく魅力的になります。また、女性らしさを強調できるので、最近ではプチ整形として涙袋を作る人も増えているほどです。しかし、整形をしなくても涙袋メイクをすれば、魅力的な涙袋を作ることができますが、慣れないうちはどうしてもやり過ぎ感が出てしまうので注意してくださいね。

やりすぎない涙袋メイクをするためには、アイシャドウはホワイトもしくはベージュを使うのがコツです。そして、笑った時にしっかり涙袋になる場所にシャドウを乗せていくため、笑顔を作りながらメイクすると、より自然な仕上がりになります。また、立体感を出すために重ね塗りし、最後に下の部分にブラウン系のアイシャドウで影を薄く作ったら完成です。

最近流行りのアイメイクが、「涙袋メイク」です。目の下のふくらみを「アイタンク」とも呼び、ホルモンタンクなどとも呼ばれ、これがあるとかわいいと思われます。しかし、残念ながらアイタンクは誰にでもあるわけではありません。ない人はまったいらです。そこで、涙袋のない人が、あるように見せられるメイクが「涙袋メイク」なのですね。

ばれないメイクの為に必要なのが、ピンクのクリームチークとコンシーラー、明るめのアイブロウペンシルです。まず、コンシーラーで目の下を明るくし、ピンクのクリームチークをコンシーラーの上にポンポンと軽くなじませながら乗せます。その後アイブロウペンシルで涙袋の幅に谷を作ります。ばれないようにしっかりなじませましょう。これだけで涙袋メイクばれないようにできます。

男子も涙袋メイクメンズに話題に

hst_03

目の下に出来る涙袋。涙袋のメリットって色々とあります。涙袋がぷっくりしていることで目が大きく見える、色っぽくみえる、小顔効果がある、そして印象がずいぶんと変わります。女性の中には整形手術をしてこの涙袋を作る人もいます。

また雑誌やインターネットでも色々な涙袋の作り方や、メイクの仕方を紹介しています。この涙袋メイク、女性だけじゃなくて男性の間でも話題になっているようです。ちょっとすごいですよね。

涙袋メイクメンズで検索してみると、色々と出てきます。トレーニングやマッサージで涙袋が作れると。女性でも出来そうです。コツは涙袋の下にある眼輪筋を良く動かす事です。瞬きをしたりウィンクをする事でこの眼輪筋を使います。時間がある時にやってみると良いかも知れませんね。

ぷっくり涙袋になりにじまないメイクプロセス

hst_02

ホルモンが詰まっていることからフェロモンタンクともいわれる涙袋。あるのとないのではまったく印象が違うといいます。キュートでふっくらした目元を作るためのメイクプロセスはどんなものでしょう。

最近では涙袋を作るための専用のライナーまで販売されているのですね。涙袋を作るための技は様々あるようですが、忙しい時にはパールホワイトやベビーピンクなどのアイシャドーを涙袋につけるだけでもOK!

人気ブロガーさん達の涙袋メイクのプロセスは、涙袋全体にパール系のシャドーを塗ります。そして涙袋に沿って肌より少し黒いくらいのブラウンのシャドーで線をつけます。自然に仕上がるように線は少しぼかしてあげる方が良いようです。そして、線の上にはラメなどをのっけるとさらにキラキラのぷっくり涙袋に仕上がります。

涙袋がぷくっとしていると若々しく、かわいく見えることもあり、涙袋メイクをしたいという声は多いです。しかし、涙袋メイクはにじむので苦手、パンダみたいな目になる、などの悩みがあるのも事実です。涙袋メイクを上手にする方法を知っておきましょう。

涙袋メイクを上手にするコツは、立体感を出すことです。そのために下まぶたに白のアイシャドーを太目に描きます。そして、マットなブラウンのアイブローで影をつけます。影を濃くすると、逆にクマのようになってしまいますので注意しましょう。描いた線は綿棒でぼかします。

そして最後に、ぼかした影のライン上に明るいアイシャドーを乗せたら涙袋メイクの出来上がりです。かわいく見せたい時はピンク系のものが良いですし、どんな服装にも合うのはベージュです。この方法でメイクを行えばにじむことはないでしょう。しっかり涙袋を作ってしまうと目ばかり目立つので注意してください。